転職する理由は、キャリアアップを目指してという人も多いでしょう。
では、転職で失敗しないため、どのような求人に応募すれば、キャリアアップする事が出来るのでしょうか?

そもそもここで述べるキャリアアップの認識は、人によって異なります。
例えば、年収のアップをキャリアアップと考える人もいます。

またスキルや経験の専門性が深まる事もキャリアアップですし、仕事の幅が広がる事もキャリアアップの1つだと言えます。
そのため自分が具体的に、どのようなキャリアアップを目指しているのか明確にする事が重要です。

大企業から中小企業の役職付きに転職した場合は、役職についたという点では、キャリアップに成功しています。
年収もアップし、仕事の幅や責任も出てくるでしょう。
ただし待遇という意味では、キャリアダウンとなる可能性があります。

中小企業は、大企業のような安定性がありません。
福利厚生の充実度も下がり、退職金の金額なども下がるかもしれません。
目先の事だけでなく、10年後、20年後先の事も見据えて、キャリアアップを目指す必要があります。
やみくもにキャリアアップを目指して転職してしまうと、転職先で思うようにキャリアアップ出来ずに、転職を繰り返す事になってしまいます。

転職を繰り返すと、すぐに仕事を辞めてしまう人というマイナスの印象がついてしまいます。
その結果、条件がいい求人には採用されなくなり、どんどん条件が悪い企業にキャリアダウンしてしまう人も少なくありません。
そのため、キャリアアップを目的に転職を考えている人は、辞める前に今の職場では、キャリアアップが出来ないのかもう一度考え直す事をおすすめします。

また転職によるキャリアアップを目指すのであれば、転職先のキャリアアップ支援の有無を確認しておきましょう。
研修制度や学習費用のサポートなどがしっかりしている企業を選んで下さい。

では、キャリアアップを目指して転職をする場合、どのタイミングで転職活動をするべきなのでしょうか?
まず入社して1~2年で転職するのは、早すぎます。
入社1~2年では、現在の企業でキチンと知識や技術を習得しているとは言えません。

まずはキャリアを身に着けてから、キャリアアップしなければ、本末転倒となってしまいます。
だからといって、10年も20年も経ってから、キャリアアップを目指すのであれば、今度は転職のタイミングが遅すぎます。

転職しやすい年代は20代だと言われています。
人材を育てたいと思っている企業は、若い人材を求めているからです。
また30代40代となると、結婚して家庭を持っているため、転職というリスクを取る事が出来ません。
20代で身軽なうちに、キャリアアップを目指すのがベストなタイミングだと言えるでしょう。

Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA