求人を見ていると、今働いている企業よりも魅力的な条件や待遇の企業がたくさんあり、転職したいという気持ちになる人は多いでしょう。
ですが転職には、リスクを伴うので二の足を踏んでしまい、決心がつかないという人もいるはずです。
では転職をするリスクと、転職をしないリスク、どちらが大きいと思いますか?

まず転職をするリスクについて紹介します。
転職とはキャリアアップを目指して行うものですが、必ずしも希望通りの企業に転職出来るとは限りません。
転職に失敗して、給与が下がるというケースも少なくありません。
厄介な事は、求人情報の給与額は高く記載されていても、それは成功報酬などを含めた金額で、実際の基本給は低い事があるからです。

また給与が無事にアップしても、職場の雰囲気に馴染めないというケースも少なくありません。
特に新卒で入社すると同期の仲間がいて心強いですが、中途入社は馴染みにくいと言えるでしょう。
それに転職してみたら、やりたい仕事ではなく、サービス残業が多いなど労働環境が最悪な可能性もあります。
実際に就職活動の時点と、入社してみないと分からない事とのギャップが大きいと、転職して後悔する事になってしまいます。

では、転職する事にリスクがあるなら、安定を重視してやっぱり転職はしないでおこう。
そんなふうに考える人もいるかもしれません。
ですが転職しない事が安泰なのかというと、実はそうではありません。

転職しない事で生じるリスクがある事も、理解しておきましょう。
転職しないで同じ環境で働き続けると、業務内容などがルーティンワークとなり、マンネリ化してしまいます。
そのため視野が狭くなり、変化に対応出来なくなるなど、スキルアップに限界を感じるかもしれません。

また現状に不満があるのに、我慢して働き続ける事は、ストレスが溜まる事でもあります。
あの時転職していれば、今頃はもっといろんな仕事が出来ていたかもしれないと後悔し続けるかもしれません。
ストレスや悩みも長期間続くと、体調を崩す事にもなりかねません。

それに、同じ企業で働き続けるという事は、その企業でしか通用しないスキルしか身につきません。
その企業で順調に昇進して、定年まで働き続ける事が出来るのであれば、安泰だと言えますが、今はそういう時代ではありません。

大企業だってリストラや倒産してしまう時代です。
年を重ねてから、リストラや倒産により転職をしようと思っても、転職先を見つけられずに困るという事態に陥るリスクがあります。

実際のところ、現在は人手不足の業界も多く、求人件数も非常に多くなっています。
しかしそれでも50代以降の転職は、難しいのが現状です。
そのため50代で転職をする事態に陥るよりも、挑戦する事が出来る20~30代で転職をする方がリスク回避につながる可能性もあります。

転職をするリスクと転職をしないリスクは、どちらが高いのかというと、それは個人の能力と企業によって異なるため一概にはいえません。

Leave a comment

転職する理由は、キャリアアップを目指してという人も多いでしょう。
では、転職で失敗しないため、どのような求人に応募すれば、キャリアアップする事が出来るのでしょうか?

そもそもここで述べるキャリアアップの認識は、人によって異なります。
例えば、年収のアップをキャリアアップと考える人もいます。

またスキルや経験の専門性が深まる事もキャリアアップですし、仕事の幅が広がる事もキャリアアップの1つだと言えます。
そのため自分が具体的に、どのようなキャリアアップを目指しているのか明確にする事が重要です。

大企業から中小企業の役職付きに転職した場合は、役職についたという点では、キャリアップに成功しています。
年収もアップし、仕事の幅や責任も出てくるでしょう。
ただし待遇という意味では、キャリアダウンとなる可能性があります。

中小企業は、大企業のような安定性がありません。
福利厚生の充実度も下がり、退職金の金額なども下がるかもしれません。
目先の事だけでなく、10年後、20年後先の事も見据えて、キャリアアップを目指す必要があります。
やみくもにキャリアアップを目指して転職してしまうと、転職先で思うようにキャリアアップ出来ずに、転職を繰り返す事になってしまいます。

転職を繰り返すと、すぐに仕事を辞めてしまう人というマイナスの印象がついてしまいます。
その結果、条件がいい求人には採用されなくなり、どんどん条件が悪い企業にキャリアダウンしてしまう人も少なくありません。
そのため、キャリアアップを目的に転職を考えている人は、辞める前に今の職場では、キャリアアップが出来ないのかもう一度考え直す事をおすすめします。

また転職によるキャリアアップを目指すのであれば、転職先のキャリアアップ支援の有無を確認しておきましょう。
研修制度や学習費用のサポートなどがしっかりしている企業を選んで下さい。

では、キャリアアップを目指して転職をする場合、どのタイミングで転職活動をするべきなのでしょうか?
まず入社して1~2年で転職するのは、早すぎます。
入社1~2年では、現在の企業でキチンと知識や技術を習得しているとは言えません。

まずはキャリアを身に着けてから、キャリアアップしなければ、本末転倒となってしまいます。
だからといって、10年も20年も経ってから、キャリアアップを目指すのであれば、今度は転職のタイミングが遅すぎます。

転職しやすい年代は20代だと言われています。
人材を育てたいと思っている企業は、若い人材を求めているからです。
また30代40代となると、結婚して家庭を持っているため、転職というリスクを取る事が出来ません。
20代で身軽なうちに、キャリアアップを目指すのがベストなタイミングだと言えるでしょう。

Leave a comment

求人を探す際に、働きやすく長く続ける事が出来る企業を探す事が大前提なはずです。
そしてそれは特に女性に顕著だと言えます。
なぜかというと、女性は結婚、出産、子育て、介護と時期によってライフスタイルが大きく変わります。
ライフスタイルが変わった時でも、継続して働く事が出来るかどうかが求人を選ぶ際の最重要点になるのではないでしょうか?

では女性が働きやすい企業とは、どのような企業なのか紹介していきます。
まず女性が働きやすい企業の特徴は、女性社員の比率が高い事です。
女性社員の比率が高い企業では、育児休暇や介護休職など、サポート制度が充実している可能性が高いと言えます。

結婚や出産をした後も、育児休暇を利用し先輩社員が退職せずに働き続けている事が何よりも女性が働きやすい証拠です。

またフレックス勤務や在宅勤務、時短制度が導入されていれば、拘束時間を柔軟に調節する事が可能になります。
子供が急に熱を出して保育園に迎えにいかなければいけないなど、小さな子供がいればよくある事です。
そんな時でも対応できる環境が整っている必要があります。

実は制度があるだけでは不十分です。
なぜなら育児休暇などは、法律で定められている労働者の権利です。
ですが取得した実例がなかったり、人員不足で過剰な業務を抱えていたりすると、制度を利用したいと言い出せない雰囲気になってしまいます。

さらに育児休暇は取得したものの、他の社員に負担や迷惑をかけて、居づらくなって復職出来ずに辞めてしまう。
そんな企業も決して少なくないからです。

そのためサポート制度が充実していて、その制度の実例があり、子育て中の女性が多く活躍している企業は女性が働きやすい企業だと言えます。指標の1つとして、産休・育児休暇の利用率のランキング結果が発表されているので、参考にして下さい。

他にも、管理職に占める女性社員の割合が高い企業は、女性にも働きやすい企業の可能性が高くなっています。
能力があっても女性だから、どうせすぐ退職するからという理由で、女性を管理職に選ばない男性優位の企業は、根強く存在しています。
だからこそ、女性が管理職になり、企業の体質を変えていく事で、女性が働きやすい企業に革新していく事が期待されるのです。

そして仕事と家庭を両立したいと思った時に、どのように両立したいのか明確にする事が大切です。
残業は出来るのかどうか、パートナーの協力や実家のサポートはどれぐらい受ける事が出来るのか。
どのような働き方が理想なのかは、人それぞれ異なるはずです。
そしてその理想の働き方に、該当する勤務時間、人事制度、福利厚生が整った求人を選ぶようにしましょう。

ただしあまり理想の条件が厳しすぎると、求人が見つからなくなってしまいます。
なので、あなたにとって、最優先事項を決めて、探すようにして下さい。

Leave a comment

キャリアアップを目指す社会人の中には、新たに資格取得を目指している人もいるでしょう。
しかしながら、働きながら資格の勉強をし、資格を取得する事は大変な事です。
そのため、もしキャリアアップ目的で転職を考えているのなら、資格取得支援が充実している求人に応募する事をオススメします。

資格取得支援とは、言葉どおり企業が資格取得の支援をしてくれる制度の事です。
その支援内容は、企業によって異なりますが、例えば資格スクールに通う場合は、受講費の一部を企業が負担してくれるかもしれません。

また成功報酬という形で、資格を取得したら、受講料は全て企業持ちになるケースもあります。
他にも資格を取得すれば、資格手当がつき、給与が上がる企業もあります。

仕事が終わった後に、プライベートで勉強をする事は大変な事です。
そのため仕事が忙しく、途中で挫折してしまう人も少なくないでしょう。
ですが資格手当があると、頑張れば給与も上がるし、キャリアアップにもつながるためモチベーションが上がりますよね。

また資格取得支援が充実している求人には、他にもメリットがあります。
それは、企業が資格を取得する事に協力的だという事です。
サービス残業を社員に強いている企業であれば、資格の勉強時間にさく時間の確保が難しいと言えます。また試験日が平日の場合は、優先的に有休をとらせてくれるなどの、配慮もあります。

自分一人で頑張るよりも、企業に資格取得支援された方が、時間的・金銭的な負担が少なく、資格の合格率も上がると言えます。
また資格取得支援が充実している企業は、人材を育てようという意思が感じられます。

最近は企業に余裕がなくなり、研修制度がほとんど行われておらずに、人材が育たない企業も少なくありません。
そのため即戦力を求め、社員を使い捨てのように扱う企業も残念ながら存在しています。

対して資格取得支援を行っている企業は、資格を取得している人を即戦力として採用するのではなく、これから頑張って資格と取りたいという人のやる気を応援してくれています。

これからは、新卒で入社した企業に、定年まで働き続ける事が出来るとは、限りません。
企業がリストラさせ、倒産する可能性はゼロではないからです。
そのため、就職したら将来は安泰という世の中ではなくなってしまいました。

だからこそ、自分の就職した後も自分のスキルアップをどんどん目指していく必要があります。
資格は、転職の際にも分かりやすいアピールポイントになりますよね。
なので、上手に資格取得支援が充実している求人を活用して、資格を取得し、キャリアアップを目指していきましょう。

自分自身の仕事の能力を高めておけば、就職した企業で働けなくなっても、また自分の能力を発揮できる別の場所をすぐに見つける事が出来るはずです。

Leave a comment