求人を探す際に、働きやすく長く続ける事が出来る企業を探す事が大前提なはずです。
そしてそれは特に女性に顕著だと言えます。
なぜかというと、女性は結婚、出産、子育て、介護と時期によってライフスタイルが大きく変わります。
ライフスタイルが変わった時でも、継続して働く事が出来るかどうかが求人を選ぶ際の最重要点になるのではないでしょうか?

では女性が働きやすい企業とは、どのような企業なのか紹介していきます。
まず女性が働きやすい企業の特徴は、女性社員の比率が高い事です。
女性社員の比率が高い企業では、育児休暇や介護休職など、サポート制度が充実している可能性が高いと言えます。

結婚や出産をした後も、育児休暇を利用し先輩社員が退職せずに働き続けている事が何よりも女性が働きやすい証拠です。

またフレックス勤務や在宅勤務、時短制度が導入されていれば、拘束時間を柔軟に調節する事が可能になります。
子供が急に熱を出して保育園に迎えにいかなければいけないなど、小さな子供がいればよくある事です。
そんな時でも対応できる環境が整っている必要があります。

実は制度があるだけでは不十分です。
なぜなら育児休暇などは、法律で定められている労働者の権利です。
ですが取得した実例がなかったり、人員不足で過剰な業務を抱えていたりすると、制度を利用したいと言い出せない雰囲気になってしまいます。

さらに育児休暇は取得したものの、他の社員に負担や迷惑をかけて、居づらくなって復職出来ずに辞めてしまう。
そんな企業も決して少なくないからです。

そのためサポート制度が充実していて、その制度の実例があり、子育て中の女性が多く活躍している企業は女性が働きやすい企業だと言えます。指標の1つとして、産休・育児休暇の利用率のランキング結果が発表されているので、参考にして下さい。

他にも、管理職に占める女性社員の割合が高い企業は、女性にも働きやすい企業の可能性が高くなっています。
能力があっても女性だから、どうせすぐ退職するからという理由で、女性を管理職に選ばない男性優位の企業は、根強く存在しています。
だからこそ、女性が管理職になり、企業の体質を変えていく事で、女性が働きやすい企業に革新していく事が期待されるのです。

そして仕事と家庭を両立したいと思った時に、どのように両立したいのか明確にする事が大切です。
残業は出来るのかどうか、パートナーの協力や実家のサポートはどれぐらい受ける事が出来るのか。
どのような働き方が理想なのかは、人それぞれ異なるはずです。
そしてその理想の働き方に、該当する勤務時間、人事制度、福利厚生が整った求人を選ぶようにしましょう。

ただしあまり理想の条件が厳しすぎると、求人が見つからなくなってしまいます。
なので、あなたにとって、最優先事項を決めて、探すようにして下さい。

Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA