求人を見ていると、今働いている企業よりも魅力的な条件や待遇の企業がたくさんあり、転職したいという気持ちになる人は多いでしょう。
ですが転職には、リスクを伴うので二の足を踏んでしまい、決心がつかないという人もいるはずです。
では転職をするリスクと、転職をしないリスク、どちらが大きいと思いますか?

まず転職をするリスクについて紹介します。
転職とはキャリアアップを目指して行うものですが、必ずしも希望通りの企業に転職出来るとは限りません。
転職に失敗して、給与が下がるというケースも少なくありません。
厄介な事は、求人情報の給与額は高く記載されていても、それは成功報酬などを含めた金額で、実際の基本給は低い事があるからです。

また給与が無事にアップしても、職場の雰囲気に馴染めないというケースも少なくありません。
特に新卒で入社すると同期の仲間がいて心強いですが、中途入社は馴染みにくいと言えるでしょう。
それに転職してみたら、やりたい仕事ではなく、サービス残業が多いなど労働環境が最悪な可能性もあります。
実際に就職活動の時点と、入社してみないと分からない事とのギャップが大きいと、転職して後悔する事になってしまいます。

では、転職する事にリスクがあるなら、安定を重視してやっぱり転職はしないでおこう。
そんなふうに考える人もいるかもしれません。
ですが転職しない事が安泰なのかというと、実はそうではありません。

転職しない事で生じるリスクがある事も、理解しておきましょう。
転職しないで同じ環境で働き続けると、業務内容などがルーティンワークとなり、マンネリ化してしまいます。
そのため視野が狭くなり、変化に対応出来なくなるなど、スキルアップに限界を感じるかもしれません。

また現状に不満があるのに、我慢して働き続ける事は、ストレスが溜まる事でもあります。
あの時転職していれば、今頃はもっといろんな仕事が出来ていたかもしれないと後悔し続けるかもしれません。
ストレスや悩みも長期間続くと、体調を崩す事にもなりかねません。

それに、同じ企業で働き続けるという事は、その企業でしか通用しないスキルしか身につきません。
その企業で順調に昇進して、定年まで働き続ける事が出来るのであれば、安泰だと言えますが、今はそういう時代ではありません。

大企業だってリストラや倒産してしまう時代です。
年を重ねてから、リストラや倒産により転職をしようと思っても、転職先を見つけられずに困るという事態に陥るリスクがあります。

実際のところ、現在は人手不足の業界も多く、求人件数も非常に多くなっています。
しかしそれでも50代以降の転職は、難しいのが現状です。
そのため50代で転職をする事態に陥るよりも、挑戦する事が出来る20~30代で転職をする方がリスク回避につながる可能性もあります。

転職をするリスクと転職をしないリスクは、どちらが高いのかというと、それは個人の能力と企業によって異なるため一概にはいえません。

Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA