トップ

日本円の貯金についての不安と対策

昔の話ですが、貯金に関してかなり管理が適当だったのと片付けが苦手だったこともあり、どこにどれくらい預けたのかわからなくなってしまいました。/通帳の行方がわからないこともありましたし、確か郵便の貯金で通帳ではなく預けた金額を紙でもらえるものがあったと思うのですが、それも行方不明になってしまいました。/又、通帳とカードはきちんと保管していたものの、いつの間にか合併か何かわからないのですがその名前の銀行...

エフピーネットの松島修

リーマンショックが起こる半年前から、コツコツと貯めた虎の子をつぎ込んで、一攫千金を夢見て、自己流で株投資を始めた初心者です。仕事を辞めて時間が出来たので、手数料の安いネットでデイトレイダーを目指し、雑誌の情報をもとにまずは株主優待を目当てに食品会社を購入。商品は送られてくるは配当は入るは、そこそこ儲かるは、と味をしめ、おもっていたほど難しくないと思って、次は不動産関連を購入。業績も良く株価も上がり...

建ててからが家作り。

近頃、住まいのリフォームについての、様々な話を聞く機会が多い。身近に住まいをリフォームした人の話、リフォームについての意識の変化、新しいリフォームのあり方の提案などの話を。一昔前ならば、簡単に取り壊され、一切を真新しく安易に建てかえられることも多かった、家に対する態度や扱いが、そんな話題に触れると温かなものに感じられる気がします。家に対するリフォームは単に、家を改新(不便を便利に、破損を修復、空間...

医療保険制度の価格

初めて加入したのは、高校卒業後働いていたところからの勧誘で入りました。養老タイプでしたが、良い時期に加入したと10年後主人に言われた事があります。でも、支払いはほとんど父親がしているので満期になっても私にはあまり入らないと思っています。でも主人亡き後、私が唯一入っている保険なので病気になった時は安心です。満期まであと8年頑張ってきます。助け合いの保険なので、いざという時は本当に助かりますが、不景気...

子どもと自分の将来のための貯金

先週、二人目の子を出産した。男の子ということもあって、十分な教育を受けさせたいと主人は考えているようだ。子育てが一段落したら、私も働きに出る予定だ。若いうちにできるだけ働いて、/貯蓄に回したいと考えている。年金も下がり、あてにできないので自分たちの老後にも蓄えないといけない。生活の中での節約には限界がある。徹底し過ぎて喧嘩になるのも困る。ならば、やはり共働きで貯金を増やしていき、子どもの将来と自分...

こどもにとって教育とは?

塾の講師を4年務めた。詰め込み式で次から次へ新しいことを教え、問題をひたすら解かせて、まるで「正解回答ロボット」の製造の片棒を担いでいる気分だった。教育とはそんなものだろうか?一日のほとんどを教育を受けて育つ子どもたちに、ロボット育成プログラムを押し付ける大人にはなりたくはない。大人にさえ、「正解」がないこの世の中で、今後の教育方針について大胆な改革が必要だ。藤原氏の「よのなか」科設置については大...

教職を経験し感じたこと

私は、大学院卒業後、教員として3年働きました。その時、実際に児童生徒と接して感じたことは、今の子は生意気だとか何を考えているかわからない等とまわりはいいますが、なんて子供たちは、素直でまじめでかわいいのだろうというところでした。中には、生意気な口をきいたり、顔色といっていることが違ったりする子もいました。しかし、それらの児童生徒には、そのようにする理由があったのです。それらを理解し、接していく中で...

装具類の健康保険後払いについて。

装具類などは、保険が適応されますが一時的に全額自己負担になることが多数あります。手続きも面倒なうえ早くても支給されるのに2週間はかかることが多いです。装具類は高価なものが多く、病院で作った方がいいよと言われても、一時的とはいえ全額払うのはお値段的に厳しいこともあります。でもないと生活に支障が来たり、鎮痛剤など別のお金が必要になるので買わざる得ないのが現状です。高価なものほどその場で保険が適応して欲...

一人できままな京都旅行

関西方面でのコンサートのついでに一泊多く宿泊し、京都を一人で巡りました。平日だったこともあり、人が少なかったのでそのためかゆっくりじっくりまわることができました。清水寺では特別拝観の時期に重なっていたので普段では見れない裏側の仏像なども見ることができました。また、六波羅蜜寺では拝観している方がほとんどいなかったので重要文化財の「空也上人立像」をじっくりみることができました。友人とわいわいいく京都も...

住宅ローン減税について思うこと

平成19年度と20年度に建てた家のみ住宅ローン減税が住民税から返ってこないのがいまだに不満です。住民税が増えて所得税が減ったころのことですが、18年度までに建てた人は住民税から返ってきて、21年度以降も住民税から返ってくるのになぜこの二年間だて適応されないのか。税務署の人には『文句があるのなら政府に言ってください』と言われたことをいまだに覚えています。なぜこの二年が・・。単純計算すると100万ぐら...

1